2018年3月25日日曜日

1/48 Canadair Sabre Mk.4 (4)

胴体の継ぎ目を処理後各スジ彫りを復活させて主翼を接着、士の字の状態になりました。尾翼は塗装後に付けた方が良さそうなので差し込んであるだけです。あと一応全体を800番位のペーパーで磨いておきました。
主脚収納庫内部の構造材部分もプラ板で復活させておきました。
プラ板は0.5mmで細い所は伸ばしランナー。
燃料タンクも製作。
キットではパイロンとタンクのフィンが2種類選べる様になってますが今回作るRAFのセイバーは写真を見るとほとんどこのタイプっぽいのでコチラに。フィンは少し薄く削ってシャープにしておきました。パイロンには振れ止めを追加。丁度接続用のピンの部分なので一旦タンクの差し込み穴を埋めてから改めて0.4mmの真鍮線で接続する様にしておきました。

2018年3月11日日曜日

1/48 AMX International A-1B (9)

主翼を製作。
キットではエルロン以外の動翼は別パーツとなってますがあまりいい出来では無いので修正をしていきます。この辺もキネティックの方が良い感じに再現されているみたいですがただ唯一良い点と言うか違う点はスポイラー(?)も別パーツになっている事。実機では駐機中に開いてる事は無い様ですがせっかく開けられるし模型的に面白いので今回は開けてみる事に。
スポイラーの部分にはいくつか穴が開いてるので主翼を貼り合わせる前に写真を見ながら開口。下面パーツのフラップの格納部分は幅が狭いので広くカットし直しておき上面パーツにはプラ板で仕切りを作っておきました。パイロンの取付穴はちょっと大きいみたいなので伸ばしランナーで一旦埋めておきました。
主翼パーツは貼り合わせ後に写真を見ながらスジ彫りなどを追加。
キットでは前縁のスラットが付く部分が段になってますが実機だとほぼ平らな様なのでプラ板で埋めてから整形しておきました。
そしてフラップも製作…実機のフラップはいわゆるダブルスロッテッドフラップですがキットの物は肝心の隙間が無い上に何か取って付けた様な感じで実感が無いのでプラ板でスクラッチしてみました。フラップ本体は2mmプラ板、ベーンは0.75mmのプラ板でそれぞれ削り出し。あとキットのフラップは長さが短く実際には胴体側に少し伸びてる部分があるのでこの辺も踏まえて新しく製作。
付けてみた状態…割と雰囲気が出てるんじゃないかなと思います。
スラットなどはまた後で製作。


2018年3月4日日曜日

1/48 Canadair Sabre Mk.4 (3)

機首下面のライトを製作。
キットではライト内部がモールドされていてソレをクリアパーツで塞ぐ形になっていますがクリアパーツが少し小さく隙間が出来る様なので一旦モールドを削り取りドリルで開口して新しく作り直しました。ホントはレンズ状のクリアパーツの方が実感があるんですが丁度手持ちのパーツが無くなってしまったのでクリアランナーで製作。1.2mm位の厚みでカットして両面を磨いた物をはめ込み接着。軽くドリルで中心を彫ってからシルバーを注して中の電球っぽい感じにしておきました。
裏側にシルバーのテープを貼ってから機体に接着。
中のダクトと擦り合わせをしておき機首インテーク先端も接着しました。
主翼部分も製作。
主翼の上面側に翼の構造材がモールドされていますが合わせると少し隙間が出来るので新しく作る様に削り取ってしまいました。胴体との境の部分は胴体パーツがそのまま構造材のモールドになる様になってますが同じ様に削り取ってしまい隙間はプラ板で埋めておきました。
で、主翼を接着…取り敢えずココまで。
あとどーでもいいですがプラ材がちょっと堅いです(;^ω^)通常のプラ部分でもクリアパーツを削ってるみたいな感触で“しなり”があんまり無い感じ。まあハセガワのキットでも一時期だけの事だったのかもしれませんがちょっと弾力が無い様なので合わせ目部分でパキッといってしまわない様に所々プラ板で補強を入れておきました。

2018年2月24日土曜日

1/48 AIDC F-CK-1C Ching-kuo (2)

他のキットを塗るついでにコチラもコクピットを塗装しました。
機内色は特色のコクピットダークガルグレーで塗装…色合い的にはその他現用機と特に変わり無い感じ。取り敢えずいつもと同じくドライブラシ&スミ入れで仕上げです。エジェクションシートは写真を見ながら細部を塗り分けてからヘッドレストの注意書きをエナメルで描きこんでおきました。
…で機首を組み立て。
今回も重りを入れる指示があるので機首に釣り用の重りを入れておきました。

2018年2月17日土曜日

1/48 AMX International A-1B (8)

機首を修正します。
左右胴体の合わせ目部分で幅を詰めてしまった事もあり機首が先細りになってしまっているのでこの部分を直します。
実機だともうちょっとボリュームがあるので適当な所で一旦カットして機首の合わせ目にプラ板を接着。
2mmプラ板を貼り付けて先端で2mm,後端で0になる様に削っておきました。
前脚の収納庫も製作。
キットの前脚は若干長い上に根本部分の形が違うので一部を作り直す事にしました。この新しく作った根本部分に合わせて収納庫内のディテールなどを追加。
塗装後接着。
実際の収納庫はもっと前に長いんですがほとんど見えないので短くしてあります。アンテナ類の取付部も一旦プラ板で埋めておきました。一応今回は重りを入れておく必要は無いみたいですがちょっとアヤシイ所もあるので念の為入れておきました。
大体こんな感じに…キットのままと比べると結構実機に近づいたと思います。
まだキャノピーを修正する必要がありますが(;^ω^)


2018年2月4日日曜日

1/48 Canadair Sabre Mk.4 (2)

コクピットを塗装しました。
機内色は自衛隊機カラーセットのコクピットダークガルグレーを使用。その後細部を塗装してドライブラシ&スミ入れで仕上げ。
更にダクト内部なども塗装。
インテークダクト部分はアルミナイズドシルバー、排気ノズルは黒で塗っておきました。
ダクトは貼り合わせてから再び塗装して組み立て。
内部の継ぎ目は全部消すのは大変なので見える範囲だけ消しておきました。
今回は機首に重りを入れる必要があるんですが載せておく場所が無いのでプラ板で仕切りを作っておきその中へ釣り用の重りを入れる様にしました。接着はエポキシ系でガッチリ固定。
排気ノズルは少し引っ込み過ぎかな?と感じたのでちょっと後退させてみました。実際合ってるかどうかは判りませんが。
コクピットは計器などのディテールを少しだけですが追加しておきました。
左側のスロットルレバーがちょっと干渉しそうな感じだったので位置を変えてごまかしておきました(;^ω^)



2018年2月2日金曜日

1/48 AIDC F-CK-1C Ching-kuo (1)

毎年新年になると新しいキットを買うのが恒例になってますが(まぁ新年じゃなくても買ってるけど)今回は遂にAFVクラブからF-CK-1が出た!と言う事で買ってみました。複座好きとしてはD型が出るまで待とうかなとも思ったんですが丁度失効してしまうポイントが結構あったりと今なら時期的にかなり安く買えるので単座型をチョイス。1/48では先にフリーダムモデルキットからも発売されていてどっちも良い感じのキットみたいですが以前からAFVクラブが出すらしいというのは聞いていたのでAFVクラブ製に…と言うかコッチの方が安いので(;^ω^)
何やら赤いシートが入ってるぞと思ったらREMOVE BEFORE FLIGHTのタグ用らしく中々のコダワリ。エッチングも付属してますがシートベルトは無し…どっちかって言うとタグよりもシートベルトを付けて欲しかった気も。デカールはカルトグラフ社製で安定の品質。4種類のマーキング&カラーの塗装図付きで実機解説は日本語でも書かれてるので解りやすいです。
取り敢えずコクピットを組んでみました。
シートベルトが無いのでいつもの様にマスキングテープとプラペーパーで。画像検索してもあまりシート部分を写した画像が見つからなかったのでエジェクションシート単体(マーチンベイカーMk12)で調べてコレを参考に製作。メインパネルはレジン製となっていてちょっと薄く反りもあったので後ろにプラ板を貼って補強しておきました。HUDの投影用レンズはウェーブのHアイズを使用。ドリルで少し彫ってから裏面をシルバーで塗っておいた物をはめ込み接着、コンパウンドで磨いておきました。
仮組み。
パーツの合いは結構良い様で若干イマイチな感じでも干渉してるトコを少し削るとピタッと合う感じ。AFVクラブのキットを作るのは初めてですがもうベテランメーカーだし自国の国産機と言う事もあって変な物は作らないだろうみたいなちょっとした安心感がありますね。