2017年12月11日月曜日

1/48 AMX International A-1B (3)

コクピット部分を製作。
ホビーボスのキットはエジェクションシートがほぼ一体成型で作られていてちょっと興味深い感じ。1/72でイージーキットなんてのも出てたしこういうのが得意なんでしょうか。シートベルトなどはエッチングが付属。
で、コクピットを製作。
最近ちょっと作ったキティホークのグリペン同様側壁がパーツ化されていますが胴体幅を詰めた為入らないので今回は使用せず。シートはちょっと細いけど付属のエッチング製シートベルトを接着してそのまま製作…。
…だったんですがやっぱりイメージと違う!と言う事で新しく作り直す様にしました(;^ω^)シートベルトも接着してサーフェイサーまで吹いちゃったんですが一旦剥がして一体だったパーツをモーターツールで切断して分解、座席の側面部分だけキットの物を使用して他はプラ板やプラ棒でスクラッチ。キットのままだと幅が細すぎだったのでフロアに合わせて広げておきました。
そして完成…今回はシートの一部に板鉛を使ってみました。
シートベルトはいつもの様にマスキングテープで金具の部分だけキットのエッチングを使用。AMXのエジェクションシートはマーチンベイカーのMk10系らしいですが例によって細かい部分は良く解らないので適当。写真を見るとヘッドレストの角みたいな部分(?)が左右で長さが違い更に前後でも長さが違う(前席の方が妙に長い)様なのでその様にしておきました。

2017年11月27日月曜日

1/48 Saab JAS39D Gripen (1)

キティホークのグリペンをちょっと作ってみます。
以前作ったエタンダールと同じ時期に買った物でエタンダールがキネティック製だったのでじゃあキティホークはどんな感じなの?と言う事で前から作ってみたかったグリペンをチョイス。複座好きとしてはやっぱりB/D型です( ˘ω˘ )グリペンはイタレリからも出てるのでソッチでも良かったんですが最近店頭で見ない気が…キティホークの方が入手し易い感じだし新しい分少しは出来が良いのかなとも思い買ってみましたが値段が高めなのでもうちょっと安くしてほしいです(;^ω^)
取り敢えずコクピット部分から。
コクピットフロアは左右胴体を貼り合わせる際の位置決め部分が小さく若干カタカタするのでプラ板の小片でガイドを追加して位置がしっかり決まる様にしておきました。左右の側壁も別パーツ化されていますが合いが悪いので位置決め用のピンやダボ穴は一旦切り取り&埋めてしまい足りない部分はプラ板を貼り足して整形しておきました。
エジェクションシートも製作。
クッション部分を左右のパーツで挟む様になってますが合いが悪くヘッドレスト部分で隙間が出来るのでプラ板をはさんで調整しておきました。更にヘッドレスト部分は実機とディテールが違ってる様なのでプラ板などで作り直し。シートベルトはエッチング製の物が付いてますがコレもまた実機写真と違ってる…と言う事でキットの物は使わずマスキングテープで作ってみました。金具の部分はラベルシールやプラペーパーを適当に切り出した物。一応ベルトを装着する際の円形の金具受け部分(名前が解らず)だけキットのエッチングパーツを使ってみました。
フロアは両側の側壁パーツを接着していわゆるバスタブ状にしてから胴体に挟む様になってますが隙間が出来そうだったので先に胴体側に側壁パーツを接着してしまいました。後席は計器パネル前方の足元部分が再現されてないので切り取ってプラ板で増設&ペダルを製作。ペダルは後席が再現されてないのに何故か付属のエッチングパーツはしっかり二つ分あるのでそのまま使用しました。前脚の収納庫はヒケを処理してそのまま箱組み。
一つ一つのパーツに調整が必要なので結構時間がかかります。初期のキットなので最近のキティホークのキットはまた違うのかもしれませんがじっくり作るには良い…のかな?(;´∀`)



2017年11月11日土曜日

1/48 Junkers Ju87D-3 STUKA (9)

デカールを貼り付け後フラットクリアーを吹き付けました。
デカールは古くなっていたからか無理をすると若干割れ気味だったんですが何とか貼れました。今回は数がそれほど多くないので目立つ部分だけクリアーを吹き軽く研ぎ出しをしてみました。
そして細かなパーツ類も塗装。
機首と排気管を接着後軽く煤汚れを吹き付け。
機銃も塗装後接着しておきました。


2017年10月30日月曜日

1/48 Junkers Ju87D-3 STUKA (8)

細かな部分を塗装。
イタリア軍のスツーカは中古機を供与された様でドイツ軍のマーキングを消した跡があるのでソレを再現。一応翼上面は鉛筆でドイツの国籍マークを薄く下書きしておいてから0.2mmのエアブラシで吹いてみました。
そしてイタリア軍のマーキング部分を塗装。
デカールも入ってたけどやっぱりこの位は塗装で。
これで大体基本塗装は完了。
その後スミ入れ…オリーブドラブを使用しました。
下面を写した写真が無いのでよく解りませんが多分同じ様に国籍マークを消した跡があるんじゃないのかなって事でコチラもエアブラシで消した跡を吹いておきました。下の面をすっかり忘れててスミ入れ中に気が付き急遽塗装(;^ω^)コードレターなんかを消した跡もあるのかもしれないけど良く解らんので一応国籍マークだけうっすらと吹いておきました。


2017年10月19日木曜日

1/48 Junkers Ju87D-3 STUKA (7)

下面色を吹きました。
説明書通りのRLM65ライトブルーでいつもの様にガルグレーを混ぜたりしてグラデーション。その後下面の部分をマスキング。
主翼付け根の部分にゾルによる剥がれを再現する様先にシルバーを吹き付け。そんなに沢山剥がれてる印象も無いので後で筆とかで描きこんでも良いんだけど一応やっときます(;^ω^)久しぶりにマスキングゾルを出したら固まって使えなかったので代わりに歯磨き粉を使いました。
そしてダークグリーンの部分を吹き付け。
塗料は持ってたんですがコレもまた固まっていてすぐには使えなかったのでオリーブドラブとフィールドグレーを混ぜて作りました。手元に2つあったんですが両方固まってました…Me262を作った時も固まっててもう一個買った記憶があるのでどうもドイツ機を作る時は塗料をチェックしといた方が良いのかも(;´∀`)
マスキングして最後にブラックグレー。
コチラは何とか固まってなかったので普通に使用。2色ともやはりガルグレーを混ぜたりして明るめに調色。
マスキングを取って一応基本塗装が完了。



2017年10月4日水曜日

1/48 Junkers Ju87D-3 STUKA (6)

キャノピーの枠を塗装。
ドイツ機によくある裏側のみのフレームとなってる部分があるので先にマスキングしてから吹き付けておきました。色がよく解らないので内部色に若干RLM02を混ぜた物で塗装。あと機銃の弾倉も一個作り忘れていたので急遽プラ板で作っておきました(;^ω^)
接着。
照準器はキットの物ですがガラス部分だけカットして0.2mmプラ板で作り直してみました。
排気管の消炎カバーもパーティングラインを消して整形、磨いておきました。あんまり精度の良いパーツではないけどせっかくあるのでそのまま使います。
キャノピーは接着後表側もマスキングして再び内部色を吹き付け。
その後全体にサーフェイサーを吹いておきました。

2017年9月25日月曜日

1/48 AMX International A-1B (2)

排気口部分と主脚収納庫を先に製作。
ノズルは奥のエンジン後端の噴射部分もパーツがあるんですがコレって前の吸気タービンの方じゃないのか…?と言う事で写真を見ながら新しく作ってみました。フチの部分はいつもの様に薄く削ってシャープな感じにしておきました。
主脚収納庫はそのまま組み立て。
実機写真と比べると若干微妙な感じもしないではないですが完成後はほぼ見えなくなるのでそのまま。
胴体の収納庫のフチの部分はプラの厚みがあるので完成後見える部分だけ段を付ける様に薄く削ってみました。右がキットのままで左が加工後なんですがまぁ少しは違うかなって事で(;^ω^)
そして塗装。
&接着。